日本人があまり口にする事のない上海蟹とは

上海蟹はよく中華料理番組の高級食材料理の中でよく見かけますが、実際のところ美味しいのでしょうか。私は口にした事がないですが、日本人が口にする事は少ないのではないでしょうか。

 

さわ蟹の大型種といったところでしょうか。そう考えると唐揚や佃煮といった調理法しか浮かばないですが、鍋なんかも不向きでしょうし、生食は絶対に危険です。

 

しかし、中国人からすると本当に高級な上海蟹になると日本人が食する蟹なんか比べ物にならないくらい美味しいと聞いた事があります。

 

そう豪語されても、味覚の問題なので、日本人が好む物と中国人が好む物とでは比較する自体、ナンセンスな事だと思います。何故なら、日本人の食文化では、生で食せる食材のほうが美味しいという考えが根底にあるからです。

 

世界的に有名な中国料理の文化には火を通す事が基本であるから、すでに食文化の違いがでているのです。ですから、上海蟹をさっと茹でてポン酢で食べる調理方法では美味しくはないはずです。

 

最近では中国にも日本の食文化が進出するようになり、中国人が日本食に馴染んできた証拠があります。

 

それは、私が以前勤務していたホテルの団体の宿泊客である中国人が日本のズワイがにやタラバがにを沢山購入した物を焼いて欲しいという依頼があったほどです。

 

上海蟹だとこういった依頼には簡単に受けれません。完全に火を通さなければ、雑食種である為内臓に雑菌が繁殖しているのです。

 

確かに茹で上げたり、蒸したりすれば、色鮮やかに見え美味しそうですが、熱を加える前はとても美味しそうには見えませんよね。但し、実際に上海蟹を食べた事があるわけでもないので食べてから検証したいと思います。